猫の腎臓病を知ろう
転がっている猫

猫の腎臓病の症状

人間が腎臓病になったときは、腎臓のあたりに違和感や痛みを感じます。
それは猫も同じはずなのですが、猫は痛みを表に現わさない動物ですよね。

猫は、野生で生きていると常に「弱ったところを見せると攻撃される」という危険にさらされています。
痛みを表に現わさないのはそのような野生の習性からですが、猫は表情の変化もわかりづらいので、痛みがあるのかないのかが、より一層わかりづらい動物だったりします。

猫が腎臓病になるとどんな症状が現れがちになるのでしょうか。
また、猫が痛みを感じている時を、飼い主はどこで見分けたらよいのか。
猫飼いのベテランでも難しいこのテーマについて、深掘りしてみようと思います。

急性腎臓病の場合

急性腎臓病になると、以下のような症状が現れます。

急性腎臓病の猫に現れる症状

  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 嘔吐
  • 脱水
  • 尿がほとんど出ない/全く出ない

腎臓の障害が進行して腎臓が機能しなくなってくると、血液中の毒素の排泄ができなくなり、体内の血中に毒性物質が残ります。
この毒性物質が血液に乗って体中を回ることが原因となり、腎臓だけではなく主に口や脳などでも障害を起こすようになります。
このような状態になることを「尿毒症」といいます。
※尿毒症については後述します。

慢性腎臓病の場合

慢性腎臓病のときは、以下のような症状が現れます。

慢性腎臓病の猫に現れる症状

  • 多飲多尿
  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 嘔吐
  • 体重減少
  • 毛づやの状態が悪い
  • 便秘
  • 尿が少ない/ほとんど出ない

慢性腎臓病は、腎臓の機能が低下した状態が長い期間に渡って続いているということです。
長い間体内に毒素が溜まっている状態なので、その間の長い間苦しんでいるということです。

しかもその経過の中で、急性腎臓病のように突然腎臓の状態が悪化することがあります。
慢性腎臓病においては、急激な腎臓の状態の悪化があると、その後の腎臓の機能の回復を見込むことは難しいと言われています。

尿毒症とは

尿毒症とは、血中に毒性の物質が残ったまま体中をめぐることで、脳や消化器、口腔内など、体のさまざまな部位に害を及ぼす状態のことです。

腎臓病の猫が尿毒症になると、脱水症状が進行して体温も低下し、気持ちが悪くなって食欲が落ちたり、嘔吐を繰り返したり、下痢になったりします。また、口からアンモニア臭がすることもあります。

発症したら一刻も早く治療を行わないと死に至ることがありますが、慢性腎臓病の末期からこの状態に至ると、残念ながらできる治療は限られてきます。

「腎臓病」と「腎不全」の違い

猫の病気の場合、「腎臓病」も「腎不全」も同じ意味で使われていることが多いようですが、それぞれの言葉が持つ意味を解説します。

腎臓病

腎臓病にはいくつかの種類があり、それらをひとまとめにして「腎臓病」と呼びます。しかし、猫の場合は腎臓が病気になる原因を特定できないことが多いため、どんな腎臓病であっても「腎臓病」と診断されることが多いです。

腎不全

「不全」と聞くと、もう治らないのかと思ってしまいがちですが、医学の世界で「腎不全」とは「腎臓が正常に働かなくなった病気の状態」を指すのだそうです。そのため、腎臓に病気が見つかって機能が低下していると「腎不全」という状態なのです。

猫が痛みを隠しているときのサイン

痛みを我慢している猫

猫は痛みを表に現わしにくい動物ですが、痛い時は痛みを感じているはずです。
人間が腎臓病になると腎臓のあたりが痛くなったり違和感を感じたりします。それは猫も同じはずです。

ところが、飼い主でも愛猫が痛がっているのかどうか見分けることは難しいですよね。
そこで、「猫が痛みを感じているときにしがちなこと」があるのかどうか調べてみました。
主に、以下のような様子が見られるようです。

  • いつものようにご飯を食べない
  • 体を丸めたり土下座のような姿勢でうずくまる
  • 耳を後ろに向ける
  • 目を閉じる
  • 口を閉じて引き締める
  • 体の痛むところを舐める

いつものようにご飯を食べない

猫だけではなく、人間でも体の調子が悪い時は食べ物を受け付けなくなったりします。
猫が食欲を無くしているときは、体調がいつも通りではない可能性があります。

しかし、猫はグルメな子が多いので、いつものフードに飽きてしまったときも食べなくなりますね。
これだけで病気かどうかを見極めるのは少し難しいかもしれません。

体を丸めたり土下座のような姿勢でうずくまる

猫がいつもよりも低い体勢で座っている時、土下座をしているように体勢を低くして寝ている時は、痛みを感じている時であることが多いようです。

また、腹部に痛みを感じている時は、仰向けや横向きになって寝ることがあるようです。
いつもと違う体勢で寝ている時や、いつもと違う体勢で座っていると感じたときは注意が必要かもしれません。

ちなみに筆者の家の猫はわりといつも仰向けで寝ています。
仰向けで寝ていてもお腹が痛いわけではないみたいなので、これもこのことだけで病気かどうかを見極めるのは難しいかもしれません。

耳を後ろに向ける・目を閉じる・口を閉じて引き締める

猫は遊んでいる時などによく「イカ耳」になることがありますが、この「イカ耳」になる時、猫は機嫌がいいわけではないみたいです。
不満がある時や、集中している時、警戒している時や怖がっている時に見せる耳なのだそう。

また、起きている時でも目を閉じがちになっていたり、口を閉じて口元を横に引き締めているときは、猫が痛みを感じていて、我慢している時に見せる表情なのだそうです。

愛猫の顔にこの3つが同時に現れている時は、痛みを我慢している時である可能性が高いようです。

体の痛むところを舐める

猫は、体の気になる部分を舐めることがありますよね。
腎臓に違和感がある時も、体を舐めることがあるようです。

猫はグルーミングをすることで、その素晴らしい毛並みを保っていますが、毛が抜けるほど激しく舐めている時は、逆に病気のサインである場合があります。

猫の腎臓の位置

ちなみに猫の腎臓の位置は上の画像のこのあたりです。
腎臓は背中側にあるので、背中の方をしきりに気にしていたり、舐めていたりする時は、腎臓に何らかの違和感を感じている可能性があります。

また、猫はどこかに疾患があるときに気を紛らわすために体を舐めることがあります。
腎臓のある外側ではなくても、体が痛んで、そのストレスから全く関係のないおなかを舐めていたり、毛をむしったり、皮膚を齧ってしまったりすることがあります。

舐めすぎたり齧りすぎてしまった結果、ハゲてしまうなんてことも。

すなわちもうとにかく、いつもより多く自分の体を気にしていると感じたら、病気やストレスを抱えているサインと見てもいいかもしれません。

この記事を書いた人

ひなこ

「猫の腎臓病を知ろう」編集部・編集長
茶トラ猫「たける」と暮らす30代OL。知人の猫が慢性腎臓病となって最終的に逝去したのを目の当たりにし、猫たちの健康のお役に立ちたいと腎臓病の情報を集め出す。

TOP