犬や猫を飼ってみたい方へ。どれくらいお金がかかるかを解説

犬や猫を飼ってみたい方へ。どれくらいお金がかかるかを解説
家に帰るとペットが出迎えてくれる。休日になればペットと遊ぶ。ペットがいる生活は幸せですよね。

ですが、ペットを飼うということは命を預かるということです。

どんな事情があろうとも、ペットの一生の面倒を見る覚悟がないと飼うべきではありません。

かわいいという感情だけで飼ってしまうと悲惨な結末が待っていることもあるのです。

もちろんペットは可愛いのです。

ですが、お世話をする、面倒を見るとなると最初の頃は、どこにでもうんちをすることもあれば、ご飯は食べ散らかす、飼い主さんが風邪をひこうが散歩には連れて行かなければいけないなどすごく大変です。

安易に飼うということだけは絶対にしないで下さい。

中には様々な理由によりペットを飼うことになったという人もいるかもしれません。

例えば、「実家の母親が足を悪くしてもう犬のお散歩に行けなくなったから引き取った。」「知人が猫に虐待していて、それを見過ごすことが出来なかったから引き取った。」など。

そういった場合には特に覚悟が必要となります。

この記事では、できるだけ費用を抑えたいという方に、ペットにかかる費用や、その費用を抑える方法などを紹介しています。

犬の場合

あなたにとって犬はどんな存在ですか?

犬を飼う理由はみなさんそれぞれあると思います。

可愛いから飼いたい、一人暮らしは寂しいから相棒が欲しい、家族の一員として、、、などですが、家族が保護犬をもらってきた、飼っていた犬がたくさん子供を生んだ、実家で飼えなくなった犬を引き取ったなど予期せぬ出来事として犬を迎えることになった人も中にはいます。

その場合、気になるのが費用面ではないでしょうか。

犬を飼うとなるとどうしてもお金がかかります。

子犬から成犬に育てあげ、愛犬の生涯を看取るまでにかかる費用は350万円ほどかかると言われています。

家に犬を迎えるとなると、ケージや餌入れ、トイレなどに必要な飼育グッズ、ワクチンやケガ・病気をしたときの医療費、そして犬を育てるために毎日必要なご飯代など様々な物に費用がかかるのです。

ですが、一度飼うと決めたなら愛犬の一生を見届ける義務があります。

だとしても、愛犬にばかり費用をかけて飼い主さんの生活が不幸になってしまっては本末転倒ですよね。

そのために、飼い主さんも飼い始めた犬も不幸にならないように、犬にかかる費用はどれくらいなのか、費用を抑えるためにはどこを削ればいいのか、一緒に考えていきましょう。

海外医薬品の個人輸入でコスト削減

犬にかかる医療費の1つとしてフィラリア予防薬があげられます。

フィラリア予防薬は蚊が飛び始めてから1ヶ月後、蚊がいなくなった1ヶ月後まで必要で、飼い主さんが住んでいる地域にもよりますが、平均で年間6~7ヶ月分が必要となります。

そのフィラリア予防薬は病院で処方してもらうと、年間で小型犬であれば1万円ほど、大型犬であれば15,000円ほどの費用がかかります。

ですが、個人輸入代行を利用することによりその費用を抑えることができるのです。

例えば個人輸入代行サイトである、ぽちたま薬局でフィラリア予防薬を見てみると、「キウォフハート」は小型犬の場合、半年分2,300円で販売されています。

大型犬の場合だと3,600円です。

大型犬であれば年間で1万円以上の費用を浮かせることができるのです。

このぽちたま薬局で販売されているのはフィラリア予防薬だけでなく、ノミ・ダニ駆除薬、皮膚病の薬であるアポキル錠、目薬など様々なお薬が販売されています。

こういった犬に必要な予防薬、駆除薬などを個人輸入代行サイトで購入するだけでも犬にかかる医療費を減らすことができます。

でも、個人輸入代行サイトでこんなに安く購入できるのであれば、誰もが動物病院で購入せず、個人輸入代行サイトで購入しますよね。

では個人輸入代行にはどんなデメリットやメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

犬

デメリット

個人輸入代行を利用するととても安い価格でお薬を購入することができます。

ですがいくつかのデメリットもあるため、そのデメリットをしっかり説明します。

個人輸入代行サイトは海外からお薬を取り寄せるのを代行してくれるサイトです。

注文したお薬は海外から発送されるため自宅に届くまでに5~12日ほどかかります。
普段インターネットでもお買い物する人であれば翌日に届くサイトもあるため、とても遅く感じてしまいますよね。

そのため、欲しい商品があったら時間に余裕を持って注文すると良いでしょう。

また、ぽちたま薬局など大手の個人輸入代行サイトであれば安心ですが、極端に安く販売されているサイトや信用できないサイトで購入すると、お金を振り込んだけど商品が届かない、偽物が届くといった可能性もあります。

その他には、個人輸入で手に入れたお薬はすべて「自己責任」となるという点です。
もし個人輸入で購入したお薬で愛犬に副作用などが出てしまた場合など補償は一切ありません。

そのため愛犬に使用したことのないお薬は使用しないなど飼い主さんなりの対策が必要です。

そして、個人輸入で購入したお薬は他人へ譲渡または販売してはいけません。

フィラリア予防薬を購入したけど、余ったからお散歩仲間にあげようとか、余ったからフリマアプリで売ろうとか思ってもしてはいけません。

メリット

個人輸入代行サイトを利用することのメリットに、まず安いという点があげられます。

どうして価格が安く販売されているかと言うと、海外では比較的安価にペットの医薬品がペットショップで販売されていたり、ドラッグストアで購入できたりします。

ですが、日本でペットのお薬を購入しようと思うと、動物病院で処方してもらう方法しかありません。

日本では動物にかかる医療費はすべて自己負担となり、保険の適用がありません。

そのため医薬品の費用や動物用医薬品に価格は決められておらず、動物病院が自由に価格を決めることができるのです。

また、個人輸入代行サイトを利用することで日本では取り扱っていないペットのお薬も手に入れることができます。

日本では認可されていないお薬や成分でも海外では高い実績をあげているものもあります。

そういった物を試してみたいと思った時に試せるのも個人輸入の魅力の1つです。

例えば、ぽちたま薬局で取り扱っている白内障の目薬であるクララスティルは、欧州では医薬品の安全基準も満たし、白内障に対して高い効果を発揮するのにも関わらず日本では認可が降りていないため処方してもらうことはできません。

そういったお薬を使用したい時にも海外輸入代行を使用すれば手に入れることができます。

結局のところお金が無くても犬は飼えるの?

犬を飼うのには最低限のお金は必要になります。

最近では、100円均一に販売されているワイヤーネットや、ホームセンターで販売されているすのこなどを利用して犬用のケージを手作りする人も多くいます。

費用を抑えることもできますし、部屋のインテリアに合わせてお気に入りのものをとても簡単に作ることができます。

また、ペットのご飯を手作りすることで費用を浮かせることもできるのです。

人間用に買った食材を調理するときに愛犬用に余らせておけば、ドッグフードの費用を節約することができます。

このように費用を抑えられるところは飼い主さんの工夫次第で費用を抑えることができます。

ですが、トイレシーツなどの日用品や法律で決められた狂犬病の登録、感染症の予防ワクチン、その他色々なものには絶対にお金がかかります。

いくらフィラリア予防薬代の費用を抑えたとしても、ケガや病気になった時の医療費、消耗品や日用品は最低限のお金が必要です。

では、犬を飼うのには一体いくらぐらいのお金が必要なのだろうか、本当にこのまま飼えるかな?と思っている方、それぞれにかかる費用を詳しく見ていきましょう。

犬

最低限のお金は必要

犬を飼うために必要な費用は最低でも毎月に1万円、年間だと20万円、生涯だと350万円ほどかかります。

内訳として、毎月必要な費用として、ご飯代、その他消耗品、狂犬病の予防注射、ワクチン摂取、健康診断、フィラリア予防薬などがあげられます。

まずご飯代は小型犬であれば月に平均で5000円前後、大型犬であれば1万円前後かかります。

その他消耗品とは、トイレシーツ、シャンプーなどのお手入れグッズです。

これは月に1,000円ほどかかります。

そして狂犬病の予防注射は1年に1回、法律で定められているため必要で、費用はだいたい3,000円ほどです。

ワクチンは種類にもよりますが、5種のワクチンで5,000円程、7種のワクチンで7,000円ほどかかります。

そして健康診断は、健康な成犬であれば年に1回、老犬であれば半年に1回必要で、1回の診察料で3万円前後かかります。

これらの費用をあわせると年間で20万円前後のお金がかかります

そして、どんなに大切に育てていても生涯のうちにケガや病気にかからない犬などいません。

その場合には医療費がかかります。

犬の医療費は、人間のように保険が適用されないためとても高額です。

1度の手術で10~100万円と高額な費用がかかります。

そのために最近では民間の保険会社が販売しているペット保険が注目を集めています。

お金が無くても犬を飼いたい

ざっと犬にかかる費用を見てきましたが、やはり金銭的に余裕のない方が犬を飼うのは厳しいですね。

「犬を飼いたい」そう思う気持ちはすごくよく分かります。

犬を連れて散歩している人を見た時や、仕事で疲れて帰ってきた時に愛犬が迎えてくれる姿を想像した時、休日は愛犬と一緒にピクニックなど想像するとやはり犬と共に暮らすのは楽しそうですよね。

ですが、経済的に不安定な状態で飼ってしまうと犬も不幸になりますし、飼い主さんの生活を圧迫し飼い主さんまで苦しい思いをすることもあります。

動物を飼うということは、命を預かるということです。

飼う前に、考えなくてはいけないのは費用の問題だけではありません。

  • 今住んでいる住宅でペットが飼えるのか
  • 世話をする時間があるのか
  • 自分や家族に動物アレルギーの心配がないか
  • ペットの寿命まで飼育する覚悟があるか
  • 高齢になったペットの介護ができるのか
  • 引っ越しや転勤があった場合に継続的に飼育する覚悟があるのか

なども合わせて考えなくてはいけません。

それでも飼いたい、ペットの一生の面倒を見る覚悟があるという方はぜひ犬を家に迎え入れてあげましょう。

中には、犬を飼うつもりはなかったけれど、どうしても犬を引き取って飼うことになったという状況の人もいるかもしれません。

その場合は、ケージやご飯など自分で作れるものは自分で作り費用を浮かせる努力をしてみて下さい。

また、今まで他の趣味や趣向に出費を割いていた方は、当然犬を飼うのであればそれらの費用も我慢し、犬に費やさなくてはいけない場合もあります。

それらを憂慮した上で犬を引き取るのかどうか考えるようにして下さい。

万一、育てられない状態になってしまっても無責任に捨てたり、ご飯を与えない、世話をしないなどの虐待はしないでください。

育てられなくなったら、まずは保健所ではなく、里親募集の掲示板などで引き取り手を探してみましょう。

参考までにペットのおうち-犬の里親募集情報をご覧下さい。

猫の場合

愛くるしい仕草と、その性格で私たちの生活を癒やしてくれたり、楽しませてくれる猫。

また、路上で寝転んでいたりエサをおねだりしてくる猫がいれば、「自分でも飼ってみたいなぁ」と考える人は多いと思います。

ですが、実際に猫を飼育するのにはどれくらいの費用が必要なのかご存知でしょうか?

子猫から成猫、老猫までの飼育に必要な費用はおよそ72万円と言われています。

月々であれば、およそ5,000円ほどの費用が必要です。

猫の場合、地域によっては野良猫が多く、野良猫を家に迎えられる場合は個体に費用がかからないのだから、そこまで出費しないのでは?と思ってしまいがちです。

ですが、野良猫を飼い猫にした場合でも食費やトイレ砂、また去勢費用や健康診断の費用が必ずかかります。

そのため、安易に猫を飼うと飼いきれずにまた野に放ってしまったり、など悲しい結末になることもあります。

また、多頭飼いや外飼をしている成猫であればきちんと避妊や去勢手術を行わないと、猫は繁殖力が強く1年に2回も出産します。

1回の出産で5匹前後の子猫を出産するため、年間でも10匹増えてしまいます。

猫を多頭飼いしている人も多くいますが、猫を多頭飼いする場合多くの費用が必要となります。

この記事では、猫にかかる費用を抑えるためにはどこを削ればいいのか、猫と飼い主さんが幸せに暮らせるように一緒に考えていきましょう。

猫

海外医薬品の個人輸入でコスト削減

猫にかかる医療費は1家庭で年間平均84,000円ほどかかると言われています。

猫に毎年必要な医療費として、健康診断の費用、混合ワクチンの費用、フィラリア予防薬、ノミ・ダニ駆除薬などのお薬代などがあげられます。

健康診断は健康な猫であれば、1~6歳の猫は年に1度、7歳以上のシニア猫には半年に1度の健康診断が必要となります。

健康診断の場合は、検査する項目によりかかる費用は異なりますが、平均で5,000円ほどかかります。

またワクチンには3種混合で3,000~5,000円、5種混合は6,000~8,000円の費用が必要となります。

そして、フィラリア予防薬を病院で処方してもらう場合には年間で8,000円ほどの費用が必要です。

健康診断や混合ワクチンにおいては病院で診察や処方を受ける必要がありますが、フィラリア予防薬やノミ・ダニ駆除薬は飼い主さんが海外医薬品を個人輸入して用意することもできるのです。

個人輸入した場合は、病院で処方してもらうお薬よりも2~5割ほど安く購入することができます。

例えばフィラリア予防薬の場合は病院で処方してもらうと8,000円ほどかかりますが、個人輸入を利用した場合は4,000円ほどで済みます。

私がよく利用するぽちたま薬局ではレボリューションという国内でも多く処方されているお薬のジェネリック医薬品を取り扱っており、レボリューションジェネリックであれば年間で4,000円の費用を浮かせることができます。

また、皮膚や目に慢性的な疾患がある猫であれば同じ薬は個人輸入で購入した方が安い場合もあります。

海外医薬品の個人輸入でコスト削減

デメリット

個人輸入を利用して猫のお薬を購入することは費用を浮かせる面では大きなメリットがありますが、デメリットも存在します。

例えば処方されていないお薬を個人輸入を利用し購入し、猫に使用する場合は「全て自己責任」となることなどです。

病院で処方される場合はしっかり獣医師が投与の仕方、容量などを説明してくれますが、個人輸入を利用して猫に投与する場合には飼い主さんが調べて行う必要があるのです。

そのため本来より多い量を投与してしまう危険性や間違ったお薬を投与してしまう危険性もあるのです。

その他にも普段インターネットを利用して商品を購入する方であれば気をつけているかもしれませんが、怪しいサイトで購入手続きを行った場合、個人情報を抜き取られていたり、注文した商品が届かないこともあります。

そういったこともあるため、商品を購入する時にはしっかりしたサイトかどうかを見極める必要があります。

このように個人輸入を利用して猫のお薬を購入するのにはリスクも伴います。

そのため普段動物病院で処方されて使い慣れているお薬を購入したり、安全性の高いサイトを選んで少しでもリスクを軽減し個人輸入を利用することが大切です。

メリット

個人輸入を利用して医薬品を購入した場合「価格の安さ」、「国内では処方されていないものを手に入れることができる」などのメリットがあります。

なぜ国内で処方してもらうのよりも安く購入できるのかと言えば、海外の場合は動物用の医薬品がペットショップやドラッグストアで比較的安価で販売されていることがあるからです。

国内の場合は動物病院で処方してもらうという選択肢しかありませんが、海外の場合は様々な選択肢があるのです。

個人輸入で取り扱っている医薬品は国内で処方されているものもあれば、国内では処方されていないものもあります。

日本では欧米など海外に比べると医薬品が承認されるまでに時間がかかります。

欧米などの海外では安全性や効果において高い実績があったとしても日本ではなかなか承認が降りないこともあるのです。

そのため愛猫の持病などに有効な薬があり、国内では手に入れることができない場合には個人輸入を利用すれば手に入れることができます。

これらの持病を抱えている猫を飼っている方にとっては治療のための選択肢の幅が大きく広がります。

価格面だけでなく治療の幅を広げられることは大きなメリットですね。

結局のところお金が無くても猫は飼えるの?

猫を飼うためにはお金が必要です。
猫の場合は、法律で決められた狂犬病予防の登録などはありませんが、飼い主さんが住んでいる地域によって様々なルールがあります。

例えば新宿区の場合は、猫は室内飼育をすること、飼い猫は去勢・不妊手術を行うこと、飼い猫の首輪に身元を表示することをルールに掲げています。

室内飼育をする場合は、猫が運動不足にならないようにキャットタワーを設置したり、猫が安全に走り回れる生活環境が必要となります。

去勢・不妊手術の場合は、病院によっても異なりますが、去勢で12,000円ほど、不妊で20,000~40,000円ほどの費用が必要です。

また、猫の場合はフィラリア予防薬、ノミ・ダニ駆除薬が必要となります。

日用品であれば、猫のご飯やトイレ砂、おもちゃやおやつ、病気やケガをした時の病院代、適温に保つためのエアコンなどの光熱費など、実際には様々なものにお金がかかるのです。

ではそれぞれ、どんなことに費用がかかるのか、必要最低限の費用としてどれくらいかかるのか説明します。

毎月、毎年、そして生涯通してかかる費用はどれくらいなのか詳しく見ていきましょう。

結局のところお金が無くても猫は飼えるの?

最低限のお金は必要

まず子猫から猫を育てた時に必要な費用は、およそ3万円ほどです。

健康診断や混合ワクチン費用、ご飯入れなどの日用品にこれくらいの費用がかかります。

年間の場合は、食費が40,000~50,000円、ワクチンと健康診断費用が10,000円、消耗品(猫砂、爪とぎ、おもちゃなど)が10,000円、フィラリア予防薬、ノミ・ダニ駆除薬に5,000円ほどかかります。

トータルすると年間でおよそ6~7万円の費用が必要となります。

そして子猫から老猫まで飼い猫の一生の面倒を見た場合は、70万円ほどが必要となります。

猫は活発で遊ぶことが大好きな生き物です。

どれだけ飼い主さんが大切に飼っていたとしても、ケガをしたり体調不良で病院にかかることもあります。

猫にかかる医療費は1家庭年間で平均84,000円ほどの費用がかかるようです。

健康保険が適用とならない猫は、人間よりも医療費が高額になることがほとんどです。

そういった場合にも備えて費用を準備しておくことやペット保険に加入する必要があります。

また、子猫の場合はお腹が弱い、免疫力が低いなどでなにかと病院へ連れて行くこともあるのです。

お迎えする時に必要な最低費用は3万円ほどですが、実際にはもう少し費用を多く見積もって考えていた方が良いでしょう。

お金が無くても犬を飼いたい

猫を飼うのにはそれなりに費用がかかります。

外で昼寝をしている猫や、ペットショップで見かけた猫を家で飼ってみたいと思う人は多くいるのではないでしょうか。

外飼いの猫であればあんまり費用はかからないのでは?と思う方も多くいらっしゃるかもしれませんが、飼い主さんが住んでいる地域によっては外飼いが禁止されている場合もあります。

また、可愛いから飼ってみたいという感情だけでは費用の面の問題を解決することはできないのです。

最近では室内飼いの猫が増えてきたため、猫の交通事故や寄生虫の感染も減り、猫の平均寿命も長くなりつつあります。

そのため、猫を飼う場合は生涯にどれくらいの費用が必要なのか考えた時に、実際かかりそうな費用よりも多く見積もって考える必要がありそうです。

そして、猫はなかなか不調を表に出さない動物でもあります。

そういった場合、病気やケガが進行し、かかる医療費も高額となることもあります。

その場合でも飼い猫に満足の行く医療を受けさせてあげることができるのか、なども考える必要があります。

やはり動物を飼うということはその子の面倒をずっと見られるのかどうかが大切です。

費用面以外にも考えなければいけない問題があります。

  • 猫を飼育できる生活環境にあるのか
  • 旅行が好きな人であればそれも我慢する必要やペットホテルに預ける必要がある
  • 愛猫の相手をする時間があるのか
  • 愛猫に介護や看護が必要となった時に割ける時間があるのか
  • 家族や同居人が反対をしていないか
  • アレルギーは大丈夫か

などです。

これらのことを飼う前にきちんと考えておきましょう。

考えた上で最後まで面倒を見る覚悟がなければ飼うのは辞めておきましょう。

ですが、中にはこれらのことを覚悟する前に猫を飼ってしまった、引き取ってしまった人もいるかもしれません。

その場合は、どうにか最後まで愛猫と共に過ごす選択をしてほしいものです。

ですが、どうしても育てられない場合には、猫の里親掲示板などで次の飼い主さんを探してあげましょう。

事情があり飼えなくなってしまった猫を引き取ってくれるところもあります。

次の飼い主さんを見つけずに野に放ってしまうなど無責任な行動をするのは辞めましょう。

お金がなくては猫を飼うことはできませんが、それでももし飼っている人がいれば飼い主さんの生活のレベルなどから見直し、飼い主さんも愛猫も幸せになれる生活を探してみて下さい。