犬を飼ってる人に聞きたい!年間どれくらい費用が必要なの?

犬を飼ってる人に聞きたい!年間どれくらい費用が必要なの?
愛犬との生活は幸せですが、犬を飼うとなにかと費用がかかりますよね。

小型犬の場合、年間で10万円、大型犬の場合15万円ほどの費用が必要です。

「愛犬はとても可愛い!だけど少しでも費用を抑えられたらな…」と思ってしまうことありませんか?

きちんと家計簿を付けている方であれば、愛犬に月々〇〇円、この時に〇〇円かかって、など記録しているかもしれませんが、記録していない方からすれば、愛犬にかかる費用をきちんと把握している人はいないのではないでしょうか。

この記事では、犬にかかる費用の相場や、少しでも費用を抑えるためのお得な情報を紹介しています!

私が実際に試している節約術ですので、愛犬の費用を抑えたいという飼い主さん、ぜひ参考にしてみてください。

病気・ケガ・毎年必要な予防薬など

病気・ケガ・毎年必要な予防薬など

動物病院での年間平均費用

愛犬の具合が悪い、食欲がない時は費用のことなど考えず真っ先に病院へ連れていきますが、お会計を見て青ざめるなんてことありませんか?
急な出費はもちろんのこと、犬を飼っていると毎年必要なフィラリア予防薬やノミ駆除薬など病気を予防するのにもお金がかかります。

実際に動物病院で診察を受けた時の平均額というのは5万円だそうです。

これはあくまでも診察から手術まですべてを含んだ平均額です。毎回5万円かかるという訳ではありません。

では、年間絶対にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか、

詳しく見てみると

  • 初診料 1,500円
  • 診察料 1,500円
  • 狂犬病の予防接種  3,000円
  • 混合ワクチン 8,000円
  • フィラリア予防薬 14,000円
  • 健康診断 8,000円

だいたい年間必要な医療費だけで、36,000円かかります。

もし、夜間にケガや体調が悪くなり診察を受けると、診察料だけでも1万円、治療をしてもらうと平均で3~4万円ほどかかります。

また子犬の場合は、混合ワクチンを3回打たなくてはいけないため、ワクチン代だけでも年間で24,000円かかります。

このように、年間の医療費だけでもこれぐらいの費用がかかるのです。

すべて個人輸入代行サイトで済ました場合

医療費に関してはなかなか削ることはできませんよね。

年間の医療費を抑えることができないかと考えた時に、狂犬病予防摂取、混合ワクチン、健康診断は欠かせないため省けません。

どうしても費用を抑えたい場合は、診察代やワクチン費用の安い動物病院へ通うなど、かかりつけの病院を変更しなければならず手間がかかります。

ですが、「フィラリア予防薬 14,000円」はかかりつけの病院を変更しなくても費用を抑えることができます!

私の場合、フィラリア予防薬は個人輸入代行サイトで購入するようにしています。

個人輸入代行サイトを利用するようになってから年間8,000円の費用に抑えることが可能になりました。

そうすると、1年間でフィラリア予防薬代だけでも6,000円の費用が節約できます。

ですが、個人輸入代行サイトで購入するとなんでこんなに安いの?と疑問に思いますよね。

それは、国内でフィラリア予防薬を手に入れたい場合は動物病院から処方してもらう必要があります。

ですが海外の場合は、フィラリア予防薬なども処方箋の必要もなく、比較的安価でペットショップやドラックストアで販売されています。

このような事情から現在日本でもインターネットを利用して、医薬品を個人輸入することが浸透しつつあります。

でもこんなに安いお薬でちゃんと効くの?と不安に思いますよね。

ですが、大手の個人輸入代行サイトを利用すればしっかりと正規品を扱っていますし、動物病院で実際に処方されているフィラリア予防薬とまったく同じお薬を購入することもできるのです。

私も利用する時は、当時病院で処方されていたお薬と同じものを購入するようにしています。

なぜならば個人輸入で医薬品を購入すると「すべて自己責任」となるからです。

また、フィラリア予防薬を使用する前にきちんと病院で検査も受けています。

フィラリア予防薬は蚊が飛び始めてから1ヶ月後から投薬を開始しますが、その前にきちんと血液検査を受けないといけません。

フィラリアに感染しているのを知らずに投薬してしまうと、ショック症状を引き起こしてしまう可能性もあるからです。

そのため、私の場合狂犬病のワクチン、混合ワクチン、愛犬の定期的な健康診断は5月の中旬から6月の中旬あたりに病院を受診します。

そうすることで、病院へ通うことも1年に1回で済みますし、検査を受ければ安心してフィラリア予防薬を投薬することもできるからです。

フード

愛犬のご飯代はみなさんいくらぐらいかけていますか?

平均ですと、小型犬の場合は年間で40,000円、大型犬の場合は80,000円かかるそうです。

「これ愛犬が好きそうな味だ、新商品発売されたのね」またパッケージに、”良質なこだわりフード”なんて書いてあるととついつい試してみたくなりますよね。

それで手に取ったものの、値段を見ると高い、、、ついついまた棚に商品を戻す。

なんて経験はありませんか?

近年、ペットブームの影響もあり、ドッグフードの質も向上しており、正直お値段も個人的には高くなったと感じます。

愛犬のご飯は健康のためにもとても大切でこだわりを持って選びたいと思いますが、できれば費用も抑えたいものです。

では、プレミアムフード、格安フード、手作りフードの場合ですと年間の費用はいくらぐらい変わってくるのか見ていきましょう。

プレミアムフードの場合

ではそもそもプレミアムフードの定義ってなに?という所から説明します。

プレミアムフードとは一般的に、

  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 動物性タンパク質が豊富
  • 4Dミートを使用していない
  • 副産物を使用していない
  • 人工添加物を使用していない

ことを指します。

ですが、実際はプレミアムフードの定義は存在しないのです。

プレミアムフードは簡単に言えば、「健康面に憂慮して素材にもこだわって作られている」ということではないでしょうか。

すごくメリットがありそうですが、心配になるのは価格面ですよね。

プレミアムフードの相場もまちまちですが、だいたい1kgあたり2000円ほどします。

飼っている犬のサイズや食べる量により年間のご飯代は変わってきますが、中型犬の場合は1日の食べる量が平均で130g~390gほどです。

分かりやすく300gとしておきましょう。

その場合、1日に300g×30日=9,000g(9kg)

そうなるとプレミアムフードの場合、1ヶ月で18000円、年間ですと216,000円かかる計算となります。

大型犬の場合であればもっとかかりますし、小型犬の場合であればもちろん少ない額になります。

ですが年単位でかかる費用を見るとすごい額になりますね。

格安フードの場合

では次に格安フードを使用している場合を見ていきましょう。

格安で販売されているフードの場合、1kgあたり500円前後します。

では、これをまた中型犬の食べる300gで計算してみます。

その場合、1ヶ月で9kgの量を食べるため、1ヶ月ですと4,500円、年間ですと、54,000円かかる計算となります。

プレミアムフードと比べるとかなり費用を抑えることができます。

ですが、格安フードって本当に大丈夫?と不安に思う飼い主さんも多いですよね。

やはり格安フードには、それなりに理由があるのです。

例えば穀類を多くしようしてかさ増しをしていたり、質の悪い原材料を使用していたり、人工添加物が使用されていることが多くあります。

犬にとって必要な栄養素を満たすことができないドッグフードなのです。

これらのフードを与え続けると、アレルギーを起こしやすい体質、皮膚疾患、腎疾患など病気になる可能性もあります。

もちろん、全ての格安フードに悪いものが入っているという訳ではなく、中には企業努力で、飼い主さんの安い価格で販売してくれているメーカーもあります。

ですが、格安フードを与え続けて愛犬が病気にかかってしまえば病院代もかかりますし、本末転倒な結果となることも多くあるということです。

手作りフードの場合

プレミアムフード、格安フードにかかる費用やメリット、デメリットを見てきましたが、どちらにすればいいか分からない、けれども愛犬にはきちんとしたご飯を与えていつまでも健康でいてほしいと思う飼い主さんにおすすめしたいのが手作りフードです。

手作りフードと聞くとめんどくさそう、時間がないと感じてしまう方も多くいらっしゃるかもしれませんが、要領を覚えてしまえばとても簡単に作ることができますよ。

手作りフードのメリットは、水分を食材から取り入れやすい、旬の食材を与えることができる、愛犬の年齢や体質に合った食事を与えることができるなどです。

また、アレンジ次第で人間と同じ食材の料理を与えることもできます。

例えば私の場合、人間用のご飯の支度をしている時に、あえて肉類や野菜類を余らせて愛犬に与えています。

そうすることで費用もかなり安くなりますし、なによりも愛犬が健康的になりました。

もともと歯周病予防を兼ねて、鳥の骨を与えたことがきっかけで手作りフードに興味を持つようになりました。

するとみるみる口臭も改善され、さらには毛艶が良くなりました。

手作りフードに挑戦してみたいと思っている方、今与えているフードを少し減らし、人参やキャベツなどの野菜を千切りしたもの、無糖のヨーグルト、味付けしていない納豆などを少しフードの上に乗せるだけで大丈夫です。

徐々に愛犬の好みも分かり、フードの切り替えもしやすくなりますよ。

実際、私は愛犬の1ヶ月のフード代がこれでかなり抑えることが出来ています。

トリミング

みなさんは愛犬のトリミングに行っていますか?

トリミングが必要ない犬種もいますが、プードルやマルチーズ、シュナイザーなどの犬種はトリミングが必要になりますよね。

放置してしまうと毛が絡まってドレッドヘアになってしまったりするので大変ですよね。

ですが、トリミングってお店によって料金も違いますし、犬種によっても料金が変わってきますよね。

また、最近ではトリマーさんによっても料金が違うところもありますし、トリミングが必要な犬種を飼っている方にとっては大きな出費になります。

トリミング店によっては期間限定のキャンペーンやポイントカードなどが付いていることがありますよね。

そういった時期を狙って行くようにすると費用をなるべく抑えることができます。

トリミングの平均費用は5000円前後ほどです。

トリミングを行う頻度は目安としては月に1回、できれば3ヶ月以上は放置しないようにしましょう。

もし、2ヶ月に1回トリミングを行ったとしたら、年間でも30,000円の出費となります。

どうしてもトリミングが必要な犬種にはこういった出費がかかります。

そのため、飼う前に飼いたい犬種がどういったお手入れが必要なのかも確認しておく必要があります。

トリミング

日用品・雑費

愛犬にかかる日用品や雑費をきちんと計算したことはありますか?

最近では大型のショッピングモールにもペットショップが入っていたりしますよね。

飼い主さんの洋服を買いに行くのが目的だったのに、ペットショップがあるとついつい愛犬に似合う洋服とかリードはないかな?と入ってしまうものです。

洋服やリードの他にも、愛犬が好きそうなおやつやおもちゃなど、それこそ1つ1つは少額なため多めに購入してしまった。

そんな経験はありませんか?

改めて考えてみるとこういった日用品などの雑費も年間で費用を計算すると、意外にも使っているものです。

ですが、新しい洋服やリードを付けて愛犬と散歩をする姿や、おやつを美味しそうに食べている姿、おもちゃで楽しそうに遊んでいる姿を想像すると我慢ができなくなりますよね。

あとは、毎日使用するトイレシーツも費用がかかります。

我が家の場合、1日3枚以上は消費するため年間にするとその費用だけでも馬鹿にならないものです。

また、ペットを飼っている家庭ですとどうしてもエアコンを24時間稼働させなくてはならず、光熱費もかかります。

光熱費も年間にすると、ペットを飼っている家庭、ペットを飼っていない家庭とでは出費がだいぶ違ってきます。

では、見落としがちな愛犬にかかる日用品や雑費などの内訳を見ていきましょう。

ペット

リード・首輪

リードや首輪の相場はだいたい1,000~5,000円ほどです。

ブランド物の首輪ですと驚くほど高額なものも販売されています。

飼い始めの頃は、愛犬にどんなリードや首輪が合うのか分からなくて、色々なものを試してみようと思い頻繁に買い替えたため結構出費しました。

また、愛犬に似合いそうなデザインや、飼い主さんの好きな色のリードや首輪があるとついつい買ってしまうこともあります。

そして、リードや首輪は使っていくうちに劣化していくものです。

金具がうまく動かなくなってしまったり、迷子札が汚れて読めない状態になってしまったり、リードが切れたりと。

そういった場合には買い換える必要があります。

1年に1回ほど買い換えるのであれば、リードや首輪にかかる費用も計算にいれておかなければいけませんね。

サプリメント

犬にもそれぞれ体質があり、免疫力が低く病気に弱い子や、すぐにお腹を壊してしまう子がいますよね。

そういった場合には、食事から体質を改善したり、生活環境を整えたりすることで愛犬の体質が改善されることもあります。

実際に我が家の愛犬は、お腹が弱いというのと、歯石が付きやすい体質でしたので、食事を変えました。

すると、みるみるこれらの症状が改善したのです。

また体調も崩すことがなく、その分病院へ連れて行く頻度も減ったのです。

ですが、手作りフードに切り替えができない飼い主さんも多くいらっしゃいますよね。

その場合にはサプリメントがおすすめです。

例えば愛犬の免疫力を高める「イムノル」というサプリメントや、被毛や皮膚を強くする「ファーグロー」など。

これらを使用することにより免疫力を高め病気になりづらい、寄生虫やウイルスに感染されづらい体を作ることができます。

すぐに食事や生活環境を変えられない飼い主さんには、いつもの食事に加えるだけ、おやつと一緒に与えるだけで簡単に与えることができるサプリメントが良いのではないでしょうか。

普段の生活を根本から改善することで、病気の予防にもなり、その分病院にかかるであろう費用を抑えることができます。

雑費

犬は家族の一員でもあり、いつまでも健康でいてほしいと思いますよね。

そのため犬を飼うとどうしても人間よりも愛犬中心の生活になってきます。

家の中を愛犬の適切な温度に保つ必要があったり、愛犬が思いっきり遊べるドッグランへ連れて行く、愛犬と一緒に旅行へ出かけるなど。

また、愛犬の具合が悪い、病気になってしまった場合は、飼い主さんが仕事を休み病院へ連れて行ったり、看病をしたりと実際にかかる費用だけではなく、他の出費や損失もあります。

愛犬にとって適切な温度を保つためには光熱費もかかりますし、病院やドッグランへ連れて行く時には電車代、バス代、タクシー代など交通費もかかりますよね。

あと、換毛期の時期になればコロコロをしたり、消臭グッズを購入したりとそういった費用も愛犬にかかる費用です。

また、近年ではペットの匂いを消臭できる空気清浄機や、自動でエサをあげられる自動給餌器、お留守番中にペットの様子が見られるモニターなども登場しています。

あげだすとキリがありませんが、こういった雑費は色々と計算すると実は結構かかっているのです。

では、それぞれの項目ごとにどれくらいの出費があるのか詳しく見ていきましょう。

ペット

おやつ

愛犬のおやつも数多くの商品が販売されています。

愛犬の健康を考えたデンタルガムや、便の匂いを抑える成分が入っているものまで様々な商品が販売されているのを見ます。

みなさんはおやつ代にいくらぐらいの出費がありますか?

おやつは一切与えていないという方もいれば、しつけのためのご褒美として与えているという方もいます。

だいたい愛犬に与えるおやつの相場は月に500円くらいでしょうか。

そうすると年間で6,000円の出費となります。

年間の数字を見ると結構な出費となりますね。

上記でも説明した通り、鶏の骨を与えるとデンタルガムの代わりにもなりますし、毛艶なども良くなります。

また、無糖のヨーグルトやオリゴ糖が入っているヨーグルトでも便や尿の匂いを抑える効果があります。

スーパーの特売日を狙って購入すると安く購入することもできますし、人間用に購入した食材でも、人間が食べずに捨てる部分を愛犬に与えることでおやつの出費を抑えることができます。

もちろん、事前に犬に与えていい食材、与えてはいけない食材は調べるようにしましょう。

このようにおやつそのものを見直してみることもおすすめです。

トイレシーツ

トイレシーツなどの消耗品はみなさんどこで購入していますか?

毎日使用するトイレシーツですので、減りも早いですし、費用はなるべく抑えたいため、私の場合、インターネットでまとめて箱買いしています。

トイレシーツはスーパーやドラッグストア、ペットショップ、ホームセンターなどあらゆるところで目にしますが、ドラッグストアやホームセンターで販売されているトイレシーツは価格が安い傾向にある気がします。

そのため、どうしてもストックがなく緊急時に購入する時は、ドラッグストアかホームセンターで購入するようにしています。

サイズによって異なりますが、ペットシーツは〇〇枚入と大量入って販売されていますが、それを1枚いくらぐらいだろうと計算することはありますか?

私がインターネットで購入する1つの理由として、1枚ずつの価格を書いてくれているサイトがあるからです。

そうすることで容量は少ないのに高い商品と、大容量入っているのに安い商品が一目で分かります。

こういった消耗品もお買い物をする時にしっかりと価格を見極めることが大切です。

トイレシーツの相場は月に1,000円ほどです。

ですが、大容量に入っているものがインターネットで販売されていますね、まとめて購入した方がトイレシーツにかかる費用を安く抑えることができます。

交通費

雑貨を買いに出かける時や、ドッグランへ連れて行く時など皆さんは何で出かけますか?

お車で出かける人、電車の人、タクシーの人、それぞれいると思います。

まず愛犬に少しでも良い日用品や雑貨を与えたい!遠いけど広いドッグランへ連れていきたい!

それが飼い主としての本心ではないでしょうか?

ですが抑えられるコストはできる限り抑えましょう。

タクシーは比較的に高い移動費になります。

住んでいる場所にもよりますし、購入するホームセンターやペットショップまでへの距離にもよりますが、都内の場合、初乗り410円~、~メートル進むごとに90円加算されていくため、非常に高額になります。

それで、あれば交通機関の充実している地域にお住いの場合、タクシーではなくバスや電車を利用することで価格を抑えることができます。

どうしても電車やバスですとキャリーバッグに入れての移動となるため大変です。

その場合はタクシーではなく、カーシェアを使用するという手段もあります。

最近では、カーシェアといいレンタカーよりも安い価格で車を借りることができます。

光熱費

ペットがいない一般家庭と、ペットがいる一般家庭では電気代やガス代などの料金も変わってきます。

東京ガスが2016年3月に実施したインターネットの調査によると、室内で犬を飼っている家では、ペットを飼っていない家と比べて電気代とガス代の平均使用量が多いという結果が出ているようです。

犬は基本暑さに弱く、寒さに弱い動物と言われています。

犬種にもよりますが、犬が快適に過ごせる気温は22度と言われています。

そのため、夏はエアコン、冬は暖房をかけると電気代は上がります。

しかし、愛犬の健康のためにはそれらの出費も致し方ないものです。

そこで、費用を抑えるために、エアコンの設定温度を冷房の場合は25~26℃、暖房設定温度は20~23℃にすることで少しでも電気代を節約するようにしましょう。

あとは、最近ではペットのひんやりシーツまたは温かいベッドマットなどが販売されています。

これらのグッズを活用しながらエアコンを併用すると電気代を節約することができます。

また、自宅でシャンプーをする際は洗っている時にシャワーを止めることで水道代やガス代を節約することもできます。

こまめなことですが、日々の習慣を変えることで光熱費にかかるお金を抑えることができます。