猫を飼ってる人に聞きたい!年間どれくらい費用が必要なの?

猫を飼ってる人に聞きたい!年間どれくらい費用が必要なの?
猫を飼う前に知っておきたいのが、どのくらいの費用がかかるのかというポイントです。
猫を迎えたら、一生涯責任を持って面倒を見なければいけません。

初期費用と生涯費用を合わせて、約120万前後とされていますが、年間費用は約5~8万円前後と言われています。
ただ、この情報だけでは、何にお金がかかっているのかあまりイメージが湧かないですよね。

そこで今回は、年間費用について解説していきます。
費用のことなど、少しでも具体的にイメージができると迎えやすくなるでしょう。
何に費用がかかっているのかも分かれば、コストを抑えることもできるはずです。

病気・ケガ・毎年必要な予防薬など

動物病院での年間平均費用

ケガや病気をした場合や、検査や予防接種を受ける際には動物病院に連れていきますよね。
これらを全部まとめて、年間の平均医療費がだいたい2万円前後とされています。
特に病気を抱えていなくても、年に1回は健康診断やフィラリアやノミなど寄生虫駆除、ワクチン接種を受けることが推奨されます。

病院やワクチンの種類によっても変わりますが、健康診断で8,000円、寄生虫駆除で800~1,400円、ワクチンで3,000~7,500円程度必要となるでしょう。
室内飼いの猫は3種混合ワクチン、外に出る猫は4種混合や5種混合、または7種混合のワクチンがあります。
猫に合ったワクチンを受けるようにしてください。

この他、病気を発症してしまった、異物を飲み込んでしまったなどのトラブルも起こる可能性があります。
病気や症状によって異なりますが、お薬代もかかるでしょう。

年間で健康診断やワクチンの他にも、費用がかかるということを頭に入れておくと良いです。

すべて個人輸入代行サイトで済ました場合

費用を抑えたいと考えても、猫の健康のためにも医療費はなかなか削れない部分ですよね。
診察代などが安い病院に変えるという方法でコストを抑えることはできますが、かかりつけの病院を変えるのは不安になるかと思います。

それでもどうしても費用を抑えたい場合、個人輸入代行の通販サイトを利用してみてはどうでしょうか。
これだけでお薬代はだいぶ抑えることができます。

例えば、動物病院でフィラリア予防薬を処方される場合、2.5㎏未満の猫の1回分で1,400円程度かかります。
しかし個人輸入のサイトであれば、3回分を3,500円で購入することができ、これは1回分で見ると約1,170円ですね。

さらに年間費用として計算すると動物病院の場合約16,800円、個人輸入通販で約14,040円となります。
こうすると年間で3,000円近くの費用の節約ができるのです。

「個人輸入はなんで安価なの?ちゃんと効く?」と不安になる方もいますよね。
ですが大手の個人輸入サイトではちゃんと正規品を取り扱っており、また動物病院で処方されるものと同じ商品を購入することもできますよ。
海外は日本とは違い自由競争のためお薬を安く買うことができるので、しっかりしたサイトであれば偽物の心配はありません。

ただ中には、注意点として投与開始前に病院で検査を受けなけらばいけないお薬や、獣医師の指導のもとで使用するお薬などもあります。
お薬での事故や副作用を防ぐためにも、使用方法には注意が必要です。

フード

あなたは猫のフードにはどれくらいの費用をかけていますか?

毎日食べるフードは、年間で考えるとそれなりに高い金額がかかりますよね。
スーパーなどで販売されている、市販の安すぎるフードに手が伸びることもあるのではないでしょうか。

「コストを抑えるために安いフードにしようかな…」
「プレミアムフードにしたいけど高いよね」

このような悩みを持った方もいるかもしれません。

最近ではペットフードの質も向上し、特にプレミアムフードには高価なものというイメージがあります。
愛猫のためにも、できるだけ良いものを食べさせたいところですが、費用も抑えたいですよね。

プレミアムフードや格安フード、手作りのフードがありますが、何を与えるかによってコストはかなり変わってきます。
それぞれいくらくらい変わるのかを見ていきましょう。

ペットフード

プレミアムフードの場合

そもそもプレミアムフードとは、どんなキャットフードのことを指すのでしょうか。
・人間が食べられるレベルの高品質な食材を使用
・動物性タンパク質が豊富
・栄養バランスに優れている
・人工添加物不使用
これらの特徴を持ったフードが、プレミアムフードとして販売されているのです。

プレミアムフードは高価だから買いにくいというイメージもあります。
しかし実際のところ、プレミアムフードはそこまで高価なものではないのです。

プレミアムフードを選んでも、月に2,000~5,000円程度に費用を抑えることができます。
スーパーなどの市販のフードの場合でも、月に約3,000円ほどかかるので、差はあまりないでしょう。

5,000円だとしても、年間費用は60,000万円前後です。
猫に質の良い安全な食事をさせるために、プレミアムフードを購入してみるのも良いかもしれません。

格安フードの場合

次に格安フードを与える場合です。

格安フードは、スーパーやホームセンターなどで多く売られている市販のフードのことです。
値段は1,000円前後のものがほとんどでしょう。

安いので、費用を抑えたい方には良いフードかもしれません。
1,000円だと考えても、年間で12,000円程度なのでプレミアムフードよりかなりコストが抑えられます。

ただ格安フードは、品質において良いものとは言えません。
質の悪い原材料の使用や穀物でのかさ増し、人工添加物の使用など、格安フードにはそれなりの理由があるのです。

格安フードを与え続けていると、アレルギーを起こしてしまったり、皮膚疾患や腎疾患を発症したりする恐れもあります。
全ての格安フードに悪いものが入っているというわけではありませんが、品質を信頼できない商品が多いのも事実です。

格安フードによって健康を害してしまえば、病院代が必要になり費用が高くついてしまうことも考えられます。

手作りフードの場合

プレミアムフードや格安フードの他にも、手作りフードを与えるといった方法もあります。

手作りフードというと時間がかかる、めんどくさそう、ちゃんと作れるか心配などのイメージを持っている方も多いかと思います。
しかし、手作りフードは慣れてしまえば簡単に作ることができるのです。

手作りフードのメリットとしては、

  • 新鮮で品質の良い食材を与えることができる
  • 食材から水分を摂りやすい
  • 体質や年齢に配慮した食事にできる
  • 旬の食材を与えられる
  • アレンジ次第で人間と同じ食材の料理を与えることができる

などが挙げられます。

このように、愛猫の口に入るものを飼い主さん自身で選ぶことができるので、安心して与えられますね。
猫は水分をあまり摂らない動物ですが、食材から水分を摂取できるのもうれしいポイントでしょう。

また「アレンジ次第で人間と同じ食材の料理を与えることができる」というのは、最大のメリットと言えます。
例えば、人間用のご飯を用意している際に肉類や野菜類を余らせ、愛猫に与えることができます。

そうすることで費用もだいぶ抑えられますし、市販のものよりも栄養価が高く添加物も含んでいないので、愛猫の健康も維持できるのです。

手作りフードに切り替えようかと考えている方は、まずフードに無糖のヨーグルトや味付けをしていない納豆などをトッピングしてみると良いかもしれません。
愛猫の好みが分かれば、手作りフードが作りやすくなりますよ。

トリミング

トリミングと言えば犬がするイメージが強く、猫のイメージはあまりないかもしれません。
そもそも猫にトリミングは必要なのでしょうか?

実は猫の場合、長毛種であればトリミングをする必要が出てきます。
主にメインクーン、ラグドール、ペルシャ、マンチカン、ソマリ、スコティッシュホールドなどが長毛種です。

毛が長いと絡まりやすく毛玉ができやすくなり、飲み込んでしまうことも考えられます。
毛玉を防止し、猫の健康を守るためにもトリミングは行うほうが良いでしょう。

トリミングは基本的にペットショップやペットサロンで行います。
猫の大きさや被毛の長さ、またお店によって値段は様々ですが、だいたい6,000円前後とされています。
コースによって耳掃除や爪切り、肛門絞りなどがオプションとして付いていることもあり、その場合は値段が変わるので確認しましょう。

ただ、トリミングは猫にとって大きなストレスとなることもあるので、頻繁に行うのはおすすめしません。
被毛を見て、毛玉ができている、汚れているなどの状態に合わせて行うのが理想です。
1日1回ブラッシングをしていれば、被毛の状態が悪くなる心配はあまりないでしょう。

猫

日用品・雑貨

ケージやご飯皿などの生活必需品の他にも、日用品の準備も必要です。
おやつ、トイレシーツなどが日用品にあたりますが、これらは消耗品でもあるため意外とお金がかかります。

また猫の場合、おもちゃやキャットタワーも必要になってきますよね。
さらに病院に連れていく際の交通費、室内飼いの猫にかかる光熱費などの雑費も考えなければいけません。

それぞれどのくらいの費用がかかるのかまとめます。

猫

リード・首輪

猫は室内飼いしている家庭が多いかと思います。
完全室内飼いの猫にとっては、リードや首輪は必要ないかもしれません。
しかし室内飼いであっても、鳴かない猫は家の中でも居場所が分からなくなる場合があります。

それを防ぐために、鈴の付いた首輪を付けて対処している方も多いでしょう。
首輪はペットショップやホームセンター、ネット通販で購入することができます。

値段は様々ですが、安いものであれば1,000円程度で買えるでしょう。
デザインも豊富なので愛猫に合ったものを選ぶことができます。

また外に出る猫の場合は、首輪は必須アイテムと言っても過言ではありません。
首輪は、野良猫か飼い猫かを見分ける目印として役立ちます。
首輪がだいぶ汚れてしまったり、破れてしまったりで1年に1度ほど買い替えるのであれば、その分の費用を計算しておくと良いですね。

サプリメント

大切な愛猫には長生きしてほしいのが飼い主さんの願いですよね。
長生きするためには、免疫力の向上が非常に重要です。

免疫力ってどうやって上げるの?と思いますよね。
ずばり、免疫力を上げるには猫用サプリメントが効果的と言われます。

免疫力を上げれば、病気にかかりにくくなり、万が一かかったとしても治りが早くなるなどの効果が見られます。
結果、寿命を延ばすことにもつながるのです。

最近では猫用サプリメントも多く販売されるようになったので、見かけたことがある方もいるかもしれません。
サプリメントは、普段の食事で補えない栄養素の補助に役立ちます。

健康を維持することができれば、病院に行く機会が減り費用も抑えられるかと思います。

免疫系のサプリメントであると、価格は900~3,000円前後のものが多いです。
そこまで高くないので、費用面でも苦しくないかと思います。

L-リジン猫用という、猫専用の免疫力向上サプリメントがあります。
天然チキンのフレーバーなので、おやつ感覚で与えることができるでしょう。

おもちゃ

またおもちゃやキャットタワーも猫には欠かせないアイテムです。

おもちゃはただ遊ぶためのアイテムではありません。

  • ストレス解消
  • 運動不足解消
  • 飼い主さんとのスキンシップ

などいくつかの効果があるのです。

完全室内飼いの猫はどうしても運動不足になりがち。
そうなるとストレスにもつながってきます。

飼い主さんがおもちゃを使って遊ぶことで、スキンシップを取りながらストレスや運動不足を解消してあげましょう。
おもちゃも種類は豊富ですが、猫じゃらしタイプのものが人気で、100~1,000円前後で買うことができます。

おもちゃは安いものが多いので、いろんなタイプのものを購入してみるのも良いですね。
年間の出費もそこまで痛くないでしょう。

また、猫のいる家庭はキャットタワーを設置するのがおすすめ。
キャットタワーは上下運動ができ、室内の少しのスペースで運動不足の解消ができます。

キャットタワーはサイズや形状にもよりますが、8,000~30,000円前後するものが多いです。
少々値段は張りますが、一度買っておけば長く使用できるので損はないかと思います。

おやつ

また猫のおやつも、いろいろな商品が販売されています。
ドライタイプ、ウェットタイプ、フリーズドライタイプ、ミルクタイプ、歯みがきタイプなどがあります。

与える量が調整しやすいものや、柔らかくて食べやすいものなど特徴もそれぞれなので、愛猫に合ったものを選ぶのが良いです。
歯みがきタイプのおやつもあるので、歯の健康が気になるようであれば与えてみましょう。

これらおやつは、約300~800円前後で購入することができます。
毎月買うとしても年間費用は10,000円前後で抑えられます。

トイレシーツ

猫を飼う際にはトイレも必ず必要です。
買ったトイレのタイプによって、猫砂を使うかトイレシーツを使うか変わってきます。

猫砂やトイレシーツは定期的に変えなければいけないので、費用もそれなりにかかります。
基本的に猫砂の場合は月に1,500円程度、トイレシーツの場合は月に3,300円程度の費用が必要です。

そのため年間費用とすると、猫砂が約18,000円でトイレシーツが約40,000円です。
毎日の消耗品なので、多めに見積もっておくと良いかもしれません。

雑費

交通費

猫を病院に連れていくために、電車やバス、タクシーなどの公共交通機関を利用する方もいるかのではないでしょうか。
基本的には、ちゃんとケージなどに入れているのであれば、猫の分の乗車賃は無料で乗せることができます。

しかし電車の場合、路線によっては280円かかる場合があるので、月に1度通うとして3,400円程度の費用がかかります。
飼い主さん自身の分と、猫の乗車賃を合わせて計算しておきましょう。

またバスの場合は、キャリーケースに入れていてもペットは禁止のところもあるようです。

光熱費

室内飼いの猫の場合、光熱費のことも計算しなければいけません。
ペットがいる家庭と、いない家庭では電気代にかかる費用も変わってきます。

猫はの毛は温度によって生え変わることができるため、暑さや寒さにもそれなりに順応できます。
もともと暑さに強い動物ですが、室内飼いの猫は毛の生え変わりの調整がうまくいかない場合もあります。
そのため、やはり温度調整はしっかり行う必要があります。

夏ですと猫が快適に過ごせる温度は、25~28℃と言われています。
冷えすぎるのも良くないので、基本的に28℃に設定しておくと良いでしょう。
運転モードは、除湿よりも冷房のほうが好ましいです。

長時間つけておかなければいけないので電気代が心配ですが、風量を自動に設定しておくと少しですが電気代の節約になります。

また冬の場合は室内温度が18℃以下になる場合、使用しましょう。
設定温度は20~22℃がおすすめです。

室内温度を上げるのも大切ですが、部屋の中で1つさらに暖かい場所を用意すれば電気代の節約になります。