猫を飼うのに必要な費用は?初期費用と生涯費用を徹底分析!

猫を飼うのに必要な費用は?初期費用と生涯費用を徹底分析!
「猫を飼いたいけど、初期費用はどれくらいかかるのかな?」
「生涯費用だといくらくらいだろう…」

最近では猫ブームもあり、ペットショップから猫を買おうと考えている方も多いかと思います。
でも猫を飼うのには、どれくらいの費用が必要なのか気になりますよね。

ずばり言うと、猫を飼う際の初期費用が約10万円、生涯費用が約120万円かかると言われているのです。
生活必需品や病気になった際の医療費など、お金が必要な場面は何となく思い浮かびますよね。
しかし、何にどれくらいの金額が必要なのか、細かく考え始めたらキリがありません。

そこで今回は、初期費用や生涯費用、生活用品、予防接種など、具体的にどのくらいの金額がかかるのかを詳しく解説していきます。

初期費用

まず、約10万円と言われる初期費用からまとめていきます。

予防接種

予防接種などの初期医療費として、3~6万円前後かかります。
猫にも予防接種は必須なので、猫を迎えたら動物病院で健康診断とワクチンは必ず行ってください。
ペットショップですでに行っている場合もあるので、確認するようにしましょう。

猫を迎えたら、感染症予防の混合ワクチンを生後50日と80日の2回行う必要があります。
混合ワクチンは、健康診断も含めて10,000~13,000円ほどなので、合計金額を準備しておくと良いですね。
2回目の混合ワクチンは、ワクチン代のみとなるので4,000~6,000円ほどの準備で大丈夫でしょう。

また猫の健康を考慮して、去勢・避妊手術を行う方も多いです。
去勢手術は約1~2万円、避妊手術は約2~3万円と見積もっておくと良いでしょう。

生活用品

またご飯皿やトイレなど、猫の生活用品の準備も欠かせません。
必要最低限の生活用品の準備には、約15,000円からかかると見積もっておきましょう、

猫の生活必需品としては、

  • ケージ(約5,000円~)
  • ご飯皿、水入れ(約100円~)
  • トイレ(約2,000円~)
  • トイレ用の砂、ペットシーツ(約500円~)
  • キャリーケース(約3,000円~)
  • 爪とぎ(約1,000円~)

などが挙げられます。

手ごろな値段で考えたとしても、だいたいこれくらいの値段になるかと思います。
余裕を持って15,000円ほど用意しておけば安心でしょう。

ケージやキャリーケース、トイレ、トイレ用の砂には様々な種類のものがあります。
ケージやキャリーケース、トイレの場合、デザインが良いものや使い勝手がいいものなど、しっかり選んで買うのが良いでしょう。

またトイレの砂には吸収性が高い木材系や、燃えるゴミで出せる紙系、消臭作用の高いシリカゲル系などたくさんあります。
それぞれのメリットを考え、飼い主さんが処理する際に負担が少ないものを選ぶことができるのです。

ご飯皿や水入れは、100円均一であれば最安値で購入できます。
しかし少しでも節約をしたい場合は、飼い主さんが使用していたものを猫専用にするのも良いかもしれません。

生涯費用

初期費用も合わせて、生涯費用には約120万円前後かかるとされています。
医療費や食事代などには、やはりお金がかかってしまうのです。

猫の寿命は、平均で15歳とされています。
例えば食事代だけで年間で3万円ほどかかるとしても、平均寿命で計算すると高い金額が必要なのが分かります。

猫を迎える場合は、費用の面も考えて責任をもって育てられるかを考えておきたいですね。
ここでは生涯費用として、医療費や食事代にはどれほどの金額がかかるのか、さらに詳しく見ていきます。

猫を飼うのに必要な費用

ケガ・病気

ケガや病気は、生きていれば必ずかかってしまうもの。
検査や治療などは動物病院で受けますが、受診や治療費、お薬代にかかる費用は気になります。
病気などは避けられない問題なので、万が一のためにもどれくらいの費用がかかるのか知っておくことが大切です。

お薬に関しては、個人輸入の通販で購入する方も増えてきています。
個人輸入の場合だと、動物病院でも処方されるお薬を安く購入できるのでお得なのです。

大切な愛猫の健康のためにも、医療費についてはしっかり確認しておきましょう。
では、それぞれどのくらいの費用が必要になるのかをまとめます。

猫を飼うのに必要な費用

動物病院

猫がケガや病気をした際、まず動物病院に連れて行きますよね。
動物病院の場合、症状によって異なりますが、だいたい5,000円~70,000円と考えるのが良いかもしれません。
骨折などの大ケガや、重症化した病気の場合は手術代や入院代も必要のため、さらに費用がかかります。

猫の受診や治療に必要な費用は、想像よりも高額になる場合が多いのです。

高額になる理由としては、

  • 動物病院は自由診療のため金額の基準がない
  • 医療保険がないため全額自己負担となる

などの2つが挙げられます。

動物病院は、獣医師が自由に金額を決められる自由診療となっています。
病院によって金額が異なり、高い病院に行くとそれだけ高額の治療費を払わなければいけなくなるのです。

また、猫には公的な医療保険がありません。
つまり猫の医療費は、全額飼い主さんの負担になります。

しかし、全額負担はいくら愛猫のためと言っても飼い主さんからしたら大変ですよね。
そのため、最近ではペット保険の利用者も増えています。
保険会社にもよりますが、基本的には診察代の5~7割程度を補償してもらうことができます。

ただ保険が適応される病気と、されない病気があるのでしっかり確認するなどして注意しましょう。

個人輸入

お薬代に関しては、個人輸入の通販サイトから購入する手段もあります。
前述した通り、動物病院には保険がなく、また自由診療のため高額になる場合が多いのです。

ペットのお薬は人間のものとは違い、1錠いくらという単純計算で価格が設定されています。
また手数料がないため、その分お薬の価格が高くなっているのです。
こうした理由で価格が高く設定されていますが、飼い主さんにとって出費が大きいのは苦しい問題ですよね。

しかしペットのお薬を販売している個人輸入通販サイトでは、海外から購入することになるため、動物病院よりも安くお薬を購入できます。
日本の場合は政府によってお薬の価格が定められていますが、海外の場合は自由競争が盛んなので基本的に低価格なのです。

例えば、レボリューションを購入したい場合、動物病院では1本で1,500円前後の場合が多いです。
一方で個人輸入通販サイトでは、3本入りで3,000円前後の価格で販売されています。

通販でお薬を買うことに抵抗がある方も多いかと思いますが、正規品を取り扱っているサイトであれば心配はいりません。
さらに価格の安いジェネリック医薬品の販売もあるので、飼い主さんの金銭的な負担も減らせるでしょう。

ご飯

また、キャットフードも猫の一生涯に欠かせません。
迎えてから寿命を終えるまでずっと必要なものなので、その分フードにかかる費用も多くなるのです。

市販のキャットフードにも様々な種類のものがあり、値段もピンキリとなっています。
市販のフードの場合、少し高くなっても品質の良いものを購入したほうが良いかもしれません。

最近は手作り食を与えている家庭も多いと聞きます。
食事のコストを抑えるには良い方法と言えますね。

市販のものを与えるか、手作り食を与えるかで生涯にかかる費用も大きく変わってくるでしょう。

市販のフード

市販のフード

キャットフードは基本的に「安かろう悪かろう」で考えてください。
スーパーなどで販売されている安すぎるキャットフードは、品質の低いものが多いためおすすめできません。
猫の健康を考えるなら、値段よりも品質で選ぶようにすると良いでしょう。

品質において安心できるのは、やはりプレミアムフードです。
プレミアムフードは、質の高い原材料を使用して、栄養バランスにも考慮されたフードのことです。

人工添加物などが使われていないという特徴もあります。

プレミアムフードは市販のフードに比べたら高いだけで、実際にはそこまで高価でもありません。
1ヵ月の食事代でも、2,000~5,000円ほどで抑えられるでしょう。

少し予算をプラスして、いい食事をさせてあげるのも良いですね。

手作りフード

手作りフードを猫に与える飼い主さんも、増えてきています。
自身で材料を買ってきて作れば、猫がどんなものを食べているのか明らかなので安心は大きいでしょう。

与えてはいけない食材もあるので、慣れないうちは時間もお金もかかるかもしれません。
ただ慣れてくれば、実はコストを抑えられる方法ではないでしょうか。
人間用に買ってきた食材を少し愛猫に回してあげるというのも費用を抑えるのに効果的ですね。

ただ、手作りフードだけではどうしても栄養が偏る可能性が高いです。
週に1~2回ほどの頻度が好ましいでしょう。